21 4月

看護学校の卒業は難しい

看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望通りの条件の求人があることは少ないでしょう。

看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。

可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと大抵の方が思っているでしょう。

求める条件に合う転職先で働くためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
日本全国の看護師の年収は平均437万円程度です。

ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。

準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
看護師の転職を成功させるには、将来の自分のことを想像して早めに行動を起こすことが大切です。

そして、どんな条件を重要視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。

未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。

給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましよう。

看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針では定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、長続きしない看護師が多い理由の一部かもしれません。
看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。

看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。

そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>